上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本経団連は23日に今年の夏の最大消費電力を昨年比25%削減する節電目標を維持継続することを明らかにした。東京電力の供給量が増加することで政府は大口需要家の25%削減目標を15%削減に減少する方向で調整している。

経団連としては、需要急増による計画停電や使用制限発動を回避するために25%削減に取り行くんで行くとのことである。

東京電力の藤本孝副社長は21日、夏の電力供給力について、通常の夏のピーク需要である5500万キロワット分を確保する方針を明らかにしている。

経団連は工場やオフィスビルの節電姿勢が緩まないよう注意を促していく。経団連の目標には収束力は無いため半導体メーカーなどの節電での影響度が高い業界では節電目標を下方修正する可能性もある。


Thoughts on スポンサーサイト経団連は夏の25%節電目標維持

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。