上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の仕事での肩書は営業所長。一応、一部上場企業であるので取引先などとの対応は会社の代表として話をする立場にはある。しかし、社内には色々な思惑があるものだと痛感しました。

先月の、東日本大震災で工場や倉庫が被災したため商品供給が思い通りに行えなく対応に追われていました。物流倉庫も被災したっために商品出荷ができない・物流倉庫まで商品が届かない・そのために取引先に商品を出せないとの情報で説明を行っていました。


Tokyo monorail - Tennouzu / woinary


本日、物流倉庫関係者と話をしたところ、公にはそのような対応を取るしかなかった。商品は破損などはしていたが倉庫には商品があった。など裏話を聞かせてもらった。

被災地用に保管していた物資、競合会社との調整など様々な思惑があった模様である。

同じ会社でも、部署により公にできない思惑があるのだなぁ~と実感した出来事でした。

営業でも会社の許可を得るために、色々な思惑を抱えながら案件を進めていくことは大半である。部署部署で思惑が違うことは当たり前だが、それを前提に話を進めていかないといけないなと再認識しました。

Thoughts on スポンサーサイト様々な思惑

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。