上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JTが23銘柄の廃止を発表した。23銘柄のリストを見るとキャメルやチェリーは廃止されるが、売れ筋商品はほとんどないので売上にはさほど影響は出ないだろうと思う。





マイルドセブンなどの売れ筋商品は出荷再開はされているが、在庫数はまだまだ少ない状態で、販売店もカートン売りを抑制して、お一人様1個まで・2個までという販売を継続している。

不動向の23銘柄の製造をやめることで売れ筋商品の製造にシフトする判断だと思われる。経営的にも喫煙者への供給体制としても良い判断である。

JT商品では、ピアニシモ関係が発売再開されていない。ピアニシモは女性に人気のある商品であるため早期の販売再開が待ち望まれている。現在の予定では6月6日に発売再開予定である。

ピアニシモが再開すればJT銘柄の売れ筋品揃えは復活となる。

JT商品の出荷停止が発生している中、外国煙草の欠品も発生している。外国煙草の製造は海外であるので震災の影響はないが、JT商品の代替えとして外国煙草が売れており、煙草販売店による発注が通常の何倍も発生しているためである。

煙草の安定供給が落ち着くには7.8月以降になりそうである。

Thoughts on スポンサーサイトJT23銘柄販売終了。煙草の安定供給はいつごろになるのか。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。