上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電計画を政府は4月末までにまとめる方針

夏場に向け電力供給が大幅に減る対策として、使用量制限・夏休みの分散・電気料金の値上げなどあらゆる項目が検討対象に上がっている。

工場やオフィス、店舗の営業時間短縮、生産や事業拠点の一時移転など節電対策のたたき台では経済に大きな影響を与える項目が多く並んでいる。

東電は一部の向上や事業所と需要逼迫時に供給量を減らす「随時調整契約」や土日の休業を平日に振り替える「計画調整計約」を結んでおり、これらを適用することで平日需要を減らす考えである。

もし、需要逼迫を避けられない状態になると計画停電を実施するしかないこととなる。計画停電を実施すればGDP2.8%(約15兆円)押し下げることとなる。

東電の発電能力の向上が焦点となるがガスタービン発電の新設をなどを行い約5000万キロワットまで引き上げたいとの見込みであるがピーク時に足りない数字である。柏崎刈羽原発の停止中の3基の再開は新潟県や柏崎市の合意を得る見通しはついていない。

無駄な電気は削減すべきであるし、節電は実施すべきであるが、計画停電・経済活動を押し下げる電力供給の削減はできるだけ回避できるよう東電・政府の対応に期待したい。


Thoughts on スポンサーサイト夏の電力不足 対策を4月末もあでにまとめる方針

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。